BLOG

上演情報:よだか@浄土真宗本願寺派四日市別院本堂

2018.09.15

今回の「きんいろの髪のお姫さま」プロジェクト。
10/15からは大分県宇佐市に場所を移して上演やワークショップなどを予定しています。
まずは、2年ぶりの再演となる『よだか』の上演のご案内です。しかも場所は由緒あるお寺の本堂。私たちが作ったこの作品のテーマに深く共鳴する場所だと思います。こんな素晴らしい機会をいただけたことを心から感謝しています。奉納、なんておこがましくて言えませんが、気持ちを込めて、準備を進めています。

『よだか』

原作 宮沢賢治 演出 Zoja Mikotova  
企画・構成・美術 林 由未 企画・構成・出演 谷口 直子
2018年10月18日(木)・19日(金)
18:30開演(18:15開場)
浄土真宗本願寺派四日市別院本堂
〒879-0471
大分県宇佐市大字四日市1410
入場料
大人1,000円 高校生以下500円
ご予約/お問い合わせ Mail : info@501furniture.jp 
Tel : 093-383-9433(Divadlo501)

2010年チェコ共和国で初演を迎えた『YODAKA』。
各地のフェスティバルを巡り、チェコ、スロバキア8カ所にて上演。
2012年に再渡欧した際にもチェコ、スロバキア2カ所で上演し、好評を得ました。
宮沢賢治の『よだかの星』から着想を得て、異なる文化圏で、異なる文化背景を持つ演出家と、異なる言語(チェコ語)で旅を続けてきた『YODAKA』は2016年には日本で初上演を果たし、日本の観客にも暖かく迎え入れていただくことができました。

そして2018年。仏さまに一番近い場所で、よだかは大空を舞う機会を得ました。よだかの命の煌めきが、大分の空にも瞬きますように。